スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【FXの注文方法】逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)とは?

逆指値注文」とは、ストップや損切り注文とも言われていて、現在よりも不利なレートで注文を出す場合に使われます。

文字通り、指値注文の反対の使い方をします。
例えば1ドル=100円で買ったポジションの場合、95円で逆指値注文を入れておけば下落が進んでも95円で損切りが出来る。リスク回避には不可欠です。

他に使い方として、「1ドル=105円を抜けたら大きく上昇しそうだ」という場合に105円で逆指値注文を入れるという使い方も出来る。

ただ、指値注文とは違い基本的にそのレートに達した場合に成行の注文を出すので、相場が大きく動いているときは指定の値から滑ることもあるので注意が必要です。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : FX

コメントの投稿

Secre

スポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
FXブログ
あわせて読みたいブログパーツ
フリーエリア
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。