スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【FX用語解説】レバレッジとは?

証拠金制度のことをレバレッジと説明しましたが、もう少し詳しく説明します。

まずレバレッジとは、「テコの原理」と訳されるのが一般的です。これにより実際の運用資金の数倍から数百倍の取引ができます。

これは使い方次第で、大きな利益を生みます。

しかし、反対に大きな損失を被る可能性もありますので注意が必要です。しかし大きな利益を生むこと仕組みは有効に活用したいと思います。

それから、レバレッジが誤解されている点もあります。

レバレッジとは、もったポジションに対して拘束される資金の割合を示しています。

例えばレバレッジが100倍で100万円口座に入れていたら、「100万円×100倍=1億円」の取引をしないといけないわけではありません。1億円分の取引も出来ますという意味です。

仮に百万円の取引をする場合は、拘束される資金は一万円となります。

レバレッジが何倍かが大事なのではなく、自分が持つポジションの数や量となります。自分が何倍までの損なら許容できるかをよく考え運用しましょう。

一万ドルの運用であれば1円動けば1万円も動くのですから。

しかし、FXの魅力は「レバレッジがかけられる為、少ない資金で多くの利益を得るチャンスがあること」ですので大いに生かしてほしいと思います。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : FX

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

Secre

スポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
FXブログ
あわせて読みたいブログパーツ
フリーエリア
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。